カードローンと総量規制

カードローンのサービスは銀行も消費者金融もありますが、見た目は同じように見えたとしても、銀行の提供するカードローンと消費者金融の提供するカードローンでは大きな違いがあります。
それは銀行のカードローンは総量規制の対象外であり、逆に消費者金融のカードローンは総量規制の対象になってしまうということです。総量規制は年収の三分の一以上の借り入れができない制度でありますから、仮に年収が300万円ということになれば、消費者金融のカードローンは100万円までしか限度が設定されることはありませんが、銀行のカードローンであれば、それ以上でそのカードローンの限度額まで限度額が設定できることになります。
もちろん、限度額までは設定される可能性があるだけで、銀行のカードローンは消費者金融のカードローンよりもかなり審査が厳しくなりますので、年収がそんなに多くなければ限度額の上限まで限度額が設定されるということはあまりないと考えるべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>