カードローンの即日審査・即日融資について

急にお金が必要になったときに重宝するのが、カードローンの即日審査・融資システムです。現在では、カードローンの申込みの主流は、申込みから契約まですべてがオンライン上で完了するウェブ完結型になりつつあります。オンラインでの申し込みであれば、時間や曜日を気にすることなく、思い立ったときに出来る上、審査にかかる時間も短く、最短では半時間程度で審査が終了する場合もあります。またオンライン上の申込みの場合、身分証明などの必要書類もそのままウェブ上にアップするだけですので、ファクスや郵送で送るという手間がかかりません。審査終了後は結果が通知され、その後正式な契約を交わすだけ。口座振込みを希望する場合には、会員としてログインするためのID番号を発行してもらい、振込み依頼を行うだけという手軽さです。ただし即日審査・即日融資に対応しているカードローンであっても、時間的な制約はあります。たとえば土日や祝祭日、夜間など、金融機関の営業時間外に申し込みを行った場合、即日融資が無理な場合があります。お急ぎの方は出来るだけ平日の午前中に申し込みを行っておいたほうが無難でしょう。

カードローンと総量規制

カードローンのサービスは銀行も消費者金融もありますが、見た目は同じように見えたとしても、銀行の提供するカードローンと消費者金融の提供するカードローンでは大きな違いがあります。
それは銀行のカードローンは総量規制の対象外であり、逆に消費者金融のカードローンは総量規制の対象になってしまうということです。総量規制は年収の三分の一以上の借り入れができない制度でありますから、仮に年収が300万円ということになれば、消費者金融のカードローンは100万円までしか限度が設定されることはありませんが、銀行のカードローンであれば、それ以上でそのカードローンの限度額まで限度額が設定できることになります。
もちろん、限度額までは設定される可能性があるだけで、銀行のカードローンは消費者金融のカードローンよりもかなり審査が厳しくなりますので、年収がそんなに多くなければ限度額の上限まで限度額が設定されるということはあまりないと考えるべきでしょう。